京都で国語を学ぶ!ことのは国語教室!

 書く力+読む力を身につける、京都のJR二条駅前にある『ことのは国語教室』のブログです。教室の場所は、JR・地下鉄二条駅から徒歩3分の駅前です。じっくりしっかり楽しく、少人数制の個別進度の個別学習で国語の力をつけてみませんか?体験学習は随時受け付けています。kyotokotonoha@yahoo.co.jp までお申し込み下さい。

タグ:#国語が苦手

京都のJR二条駅前にある国語の教室「ことのは国語教室」のブログへようこそ。

今回のテーマは、国語の力をつけるにはどうしたらいいですか?

ノウハウ?コツ?漢字?読書?・・

ノウハウやコツは、ないことはないですが、もしあるとしても

それは薄っぺらいノウハウやコツです。この意味はわかられますか?

つまり

そのようなノウハウやコツで、国語の力が上がるというのは、ある意味
幻想に過ぎません。

まあ、小手先のテクニックですね。あくまでも小手先の・・です。

漢字や読書?これも当たり前ですね。もちろん大切で、漢字を覚えず、
読書もしなければ、国語の力は上がりません。しかし

そもそも国語の力がない小中学生は、これが苦手で嫌いなのです。

苦手で嫌いな小中学生は、ますます苦手で嫌いになってしまいます。

すると

ますます国語の力は上がりません。

では、話を元に戻して、国語の力をつけるにはどうしたらいいのか?

答えは

国語という科目が好きになる学習環境で学習する!ということです。

そんな学習環境が、ことのは国語教室にはあります。

1度ぜひ体験学習へおこしください。

教室ロゴ-crop



京都の国語専門教室、ことのは国語教室のブログへようこそ。

今回は、「なぜ、学校や大きな塾へ行っても、国語の成績が上がらないのか?」という根本的なお話です。

答えは、

物理的に無理だから・・・

学校や大きな塾は人数が多いからです。だから

一人一人が大切ですというキャッチコピーは素晴らしいのですが

現実問題として、一人一人は細かく指導できない・・という状況があるのです。

もちろん、ベテランの先生やプロの先生がおられ、一生懸命に指導はされますが、

物理的に無理なわけです。

一人一人に手がまわらないという感じでしょうか・・。

そして、一方通行の指導スタイルも問題です。国語力を個人レベルで上げるには、そのスタイルでは
難しいと私は考えます。

国語は、他の科目と違い、繊細な科目です。

繊細な科目だからこそ、相互通行つまり、細かなコミュニケーションが必要なのです。

ことのは国語教室は、個別進度による個別学習(個人指導ではありません)で、相互コミュニケーションを大切にしながら、長期的に指導しています。

体験学習も受付中です。


no title

お気軽にお問合せ下さい。メールでのお問い合わせが可能です。 

パソコンメールアドレスへのお問合せ 

 
kyotokotonoha@yahoo.co.jp   24時間受付

 075-811-1677(平日15時以降受付:携帯電話へ転送されます。)

残席数(9月度)

月曜日  余裕あり
火曜日  満席
水曜日  余裕あり
木曜日  わずか
金曜日  余裕あり

土日は開講していません。


体験学習を受けてみてください。
ことのは式国語を体験してみてください。体験学習では、教室の雰囲気(とても静かです。)やどのような文を書く教材があるかなどを体験していただきます。但し、参観はお断りしています。
 


保護者の方へ説明させていただきます!教室で行います。
ことのは二条国語教室の国語学習は、板書形式の一斉授業ではありませんし、プリントによる進級式の学習形式でもありません。その指導形式は独自の方法です。その方法の説明と教材システムについてお伝えします。また、国語の学習相談も可能です。


 
体験学習後、入室されるかどうかご検討下さい。事務手続きはそれからです。

Hamada Kotaro讒連4繝√Λ繧キ01
0001 (3)

ことのは二条国語教室は、ロジカル表現をトレーニングし、書く脳力(能力)を育て、読む力を作る新しいカタチの国語教室です。

お気軽にメール(または、電話)でお問い合わせください。
  
電話でのお問合せ 075-811-1677(月~金15時以降受付:携帯電話へ転送されます。)
メールでのお問合せ 
kyotokotonoha@yahoo.co.jp  ←お勧め

まず、保護者の方へ教室説明をさせていただきます!
 ことのは二条国語教室の国語学習は、板書形式の一斉授業ではありませんし、プリントによる進級式の学習形式でもありません。その指導形式は独自の方法です。その方法の説明と教材システムについてお伝えします。

次に、教室で体験学習を受けてみてください。
 体験してみてください。体験学習では、教室の雰囲気(とても静かです。)やどのような文を書く教材があるかなどを体験していただきます。

個別学習形式です。ですから、曜日や時間は自由選択です。但し満席の場合はお待ち願う場合もあります。
Hamada Kotaro讒連4繝√Λ繧キ01

↑このページのトップヘ