国語の授業というと板書形式の答え合わせスタイルがほとんどです。学校もそうですし、進学塾もそうです。この答え合わせスタイル、文章を読ませて、質問(問題)を解かせ、解答を解説するという流れです。解答を解説する時、例えば物語なら「主人公の気持ちは・・・です。」、説明文なら「作者の考えは・・・です。」という感じになります。このスタイルの最大の問題点は、なんとなくわかった気がするという生徒の気持ちの曖昧さです。この曖昧さが続くと、わかった気がするけれど解けないという結果となります。
 ことのは国語教室の国語学習は。この曖昧さをなくすための実践重視の学習スタイルです。しかも個別学習です。一度ぜひ体験してみてください。お待ちしています。
DSC_1468[1]


Image402
体験申し込みは、075-811-1677(15時以降受付)
メールでのお問合せ kyotokotonoha@yahoo.co.jp