文を書く場合、初めからうまく書こうとすると書けないものです。

うまく書こう、文のルールを完全に守って書こうとすればするほど、書く前に思考が停止し、一文字も書けないというシーンをとてもよく見ます。

特に文の出だしの部分で、この光景をよく目にします。

そういう場合、粗削りでいいから思い切って書きなさい、漢字がわからないならひらがなでもいいから書きなさいとアドバイスします。

すると不思議なもので、子どもたちはプレッシャーから解放されたように書き始めます。

初めからうまく書こうとしないということが文を書く一つの秘訣だと思います。

Hamada Kotaro讒連4繝√Λ繧キ01