ことのは二条国語教室では、夏休みに夏度という通常学習を行います。

夏期講習会ではなく、夏度と銘打って行うのは、理由があります。

よく進学塾などで「夏こそ勝負」とか「夏に伸ばそう」とか「夏こそ弱点補強」といった勇ましいキャッチコピーが書かれたチラシが新聞に折り込まれています。

まもなく夏休み前ですから、連日目にされるのではないでしょうか?

しかし私は、こう考えています。国語という科目は、

夏こそ勝負ではなく、夏も勝負、いつでも勝負だと。

そして、常にまとめであり、弱点補強だと。

ですから、ことのは二条国語教室は、通常学習の積み重ねが国語力向上の王道だと考えています。

まるでマジックのような夏の特別な講習会ではなく、少しずつ、当たり前のことを当たり前に実行する通常学習の積み重ね、ですから夏度と銘打ってるわけです。

さあ、着実に国語をじっくり楽しく学んでいきましょう。

f9a566d7-s[1]

教室写真