二条国語教室は、JR二条駅前にある国語の教室です。

書く力をつける独自の指導を行っています。

書く力、例えば物語作り!

物語文を書く時に、主役つまり主人公と、脇役つまりそうでない人物たちの関係を作ることはとても重要です。

主人公は物語の中心人物、その言動が物語の流れを作っていく人物です。

脇役たちは、その主人公を助ける(サポートする)か攻撃するかに分かれます。

脇役と主人公との関係は物語の流れを決める大きな要因となります。

これら登場人物をしっかりと把握することで、物語の流れや構成がつかめ、読めるようになり書けるようになるわけです。

物語を読んだり書いたりする時は、登場人物に意識を集中させましょう。

 さてテレビなどでは楽しいドラマや映画やアニメが放送されています。本だけでなく、これらの媒体でも登場人物の関係把握は重要です。

この関係が把握できなければ、内容が理解できないからです。いったい何者?とならないようにしましょう。

民話学イラスト