数学の先生は数学が好きだから・・・英語の先生も英語が好きだから・・・社会の先生は社会が好きだから…理科の先生は理科が好きだから・・・国語の先生も国語が好きだから・・・体育も美術も・・・その科目が好きだから教える人つまり先生になっています。

つまり先生になるための原動力は好きということであり面白いということ。このことは、小学生や中学生、高校生や大学生、社会人にもあてはまることです。まず、好きになる、面白さを見つける、これが一番重要なのです。

二条学習教室・国語教室は、勉強が好きになるような仕掛けを用意しています。特に小中学生にはこれが肝心なのです。「好きこそ物の上手なれ」です。

3afba2ba-s[1]