漢字を読める⇒その漢字の意味がわかる。まずこれが言葉力の第一段階です。国語が苦手な子どもさんは、まずこの第一段階にまずこだわって下さい。すると、文章を読んだ時に読みが止まるという状況がなくなります。
 漢字を書くことにこだわると、漢字嫌いや国語嫌いという状況を生みやすいのも事実です。漢字を書けることは、もちろん重要ですが、子どもさんの特性にあわせて段階を踏んで学ばせることも大切だと私は思います。また学年にこだわる必要もないと思います。学年枠を取り払い、漢字の第一段階を進めることが肝心だと考えています。まず、読めて意味がわかるのが言葉力なのです。

二条チラシ画像