そもそも楽しんで読む読書と読み解くという作業を行う読解は、似て非なるものだと私は思います。もちろん文字を読むという作業は同じですが、楽しんでその世界に没入する読書(物語が中心)と少し離れた位置から文を読み解いていく読解では、その文字に対する心構えが異なるといってもいいかもしれません。「国語が出来ないから漢字と読書をしましょう。」という言い古されたアドバイスを鵜呑みにせず、理論で実証された科学的方法で学びましょう。それが国語力を上げる一番の近道なのです。
 ことのは国語教室では、物語を書き、要約し、言葉力をつけて読解力を伸ばす国語指導を行っています。体験学習は無料です。一度、学んでみませんか。

kotonoha[1]