小学生向けの英語教室のチラシやポスターをたくさん見かけます。小学1年から英語を教える県も出てくるようです。しかし、私はこの英語の早期導入には疑問を持っています。その理由は、小学6年までは、母国語の言語能力および自国文化の理解を徹底させるべきだと思うからです。保護者の方が英語ペラペラで、家庭環境が英語を日常語としているご家庭は特別ですが、多くの場合、学校は日本語、家でも日本語、友達との交流も日本語です。つまり、このような環境でなんとなく英語をしても、ほぼ無駄であり、いわゆるファッションでしかないと考えています。母国語のしっかりした力の上に、外国語の力をつける、これがベストです。(ちなみに私は、英語もかつて指導していました。もちろん英語の重要性は十分理解しています。)

 ことのは国語教室では、じっくりしっかり楽しく国語を指導しています。小学生のうちに、ゆるぎない言語能力を身につけましょう。それが国際人への第一歩です。

イメージ