読むことによって国語力を上げる物語には、一つの重要な形式があります。その形式とは、登場人物(特に主人公)がはっきりしていて、その人物の行いとともにお話が展開していくという形式です。特に10歳ぐらいまでの子供さんにはこの形式の物語を読むことがとても重要です。この形式は、複雑な物語展開ではありませんから、物語の中の登場人物を容易に見きわめることができます。そして、その人物について感想を述べることができるようになるのです。これが実は感想文を書けれるようになる第一歩なのです。お勧めは、日本の昔話です。ことのは国語教室では、この日本の昔話を使った独自教材で指導しています。大手進学塾とは全く異なる方法で、寺子屋のような教室において、じっくりしっかり楽しく指導しています。一度、体験を受けてみてください。週1回からでお待ちしています。

 Image402

 体験申し込みは、075-811-1677(15時以降受付)
 メールでのお問合せ kyotokotonoha@yahoo.co.jp