ことのは国語教室は、日本の昔話を読み書きの素材として活用しています。日本の昔話といえば、幼稚園の読み聞かせやアニメ番組で取り上げられる幼稚なお話というイメージがあると思われますが、実はそのイメージをくつがえす素晴らしい価値があるのです。その価値を多くの作家が認めています。例えば、昔話のもとである説話文学『今昔物語集』を取材した芥川龍之介(「鼻」「羅生門」「芋粥」など)や室生犀星や谷崎潤一郎、堀辰雄、田辺聖子・・・数多くの著名な作家が、その文学的価値を認めているのです。
 ことのは国語教室では、この昔話をベースとした教材を使用しています。また、DVD教材も現在制作中です。
(この教材使用は小学1年~4年が対象です。)

new_ill

 ことのは国語教室では、秋の無料体験学習を実施しています。楽しく国語を学びませんか?