ことのは国語教室では、物語文をよく書かせます。(特に小学生)その物語文を書かせるにあたって、三つのポイントに意識付けを行います。その三つのポイントとは、主人公の体の動き(発言)、主人公の心の動き(気持ち)、そして出来事です。物語は、この三つのポイントが組み合わさって作られています。ですから、このポイントの組み合わせを意識して、書いていくことが肝心なのです。
 ことのは国語教室では、「物語のお題」という新しい独自の小冊子を製作中です。9月中旬から教室でも活用していきます。

 ことのは国語教室では、9月度生を若干名受付中です。但し曜日によっては満席です。詳しくはお問い合わせください。 075-811-1677(15時以降)

kotonoha[1]