京都で国語を学ぶ!ことのは二条国語教室!

 書く力+読む力+話す力を身につける、ことのは二条国語教室のブログです。教室の場所は、JR・地下鉄二条駅から徒歩3分の駅前です。じっくりしっかり楽しく、個別進度の個別学習で国語の三つの力をつけてみませんか?体験学習は随時受け付けています。kyotokotonoha@yahoo.co.jp までお申し込み下さい。

2018年11月

ことのは二条国語教室は、JR二条駅前の国語の教室です。

国語が苦手な小中学生優先の国語の教室です。

指導するのは、テレビにも出演したプロの講師です。

お子様の国語の弱点を見抜き、その弱点や進度に合った内容で、学習を指導していきます。

Hamada Kotaro讒連4繝√Λ繧キ01
 u7nYaZSAP89KbxJ1538297671_1538297754 - コピー





DSC_1468[1]

ことのは二条国語教室で使用している書くための素材テキスト!実践版は約100ページ、理論や使い方の完全版は約200ページのテキストです。

DSC_1533[2]

お子様のイメージ力を高め、書く力を育てる準備教材です。このテキストを使って物語を書くと、自然に書く力がつき、国語が好きになることが、教室でも実証されています。

民話学イラスト

子供たちっていうのは、本当に物語が好きです。読むのも好きですし、書くのも大好きです。書くのも大好き!とは、物語しかも自分がヒーロー、ヒロインの物語を書くのが大好きなのです。

京都のJR二条駅前にある国語の教室、ことのは二条国語教室は、この書く素材を使って国語力を伸ばす国語の教室です。

現在、若干名の小中学生を受付中です。まず体験学習を受講してみてください。

DSC_1313[1]


 個別学習形式で、じっくり楽しく教えます!指導するのは、バイキングや報道番組ワンダーにも
出演したプロ講師です。

 アクセス抜群。新二条ビル4階カルチャールーム二条内

u7nYaZSAP89KbxJ1538297671_1538297754 - コピー

Hamada Kotaro讒連4繝√Λ繧キ01

国語力を伸ばす一番大切な方法は、「凡事徹底」だと先日のブログに書きました。

その「凡事徹底」は、最近よく質問される、「国語の力をつけるには?」の質問への答えにも当てはまります。

その質問に対する答えは、「当たり前のことを当たり前にやる!」です。

これが、「凡事徹底」です。

そして「やりたい」とか「やろうと思う」ではなく、「やる!」という心がけが重要です。

国語の場合の当たり前は、まず漢字を覚える、それも書いて覚えるのが当たり前。そして、文をよく読む、それも主語述語や接続詞に注意して読むのが当たり前。

さらに、文を書く、それも多くの文を書くのが当たり前。つまり、「当たり前のことを当たり前にやる!」ことが、国語力をアップさせる秘訣なのです。


ことのは二条国語教室では、正しい方法で国語力をアップさせ、ゆるぎない勉強の基礎力をつけるをテーマに指導しています。正しい方法は、ことのは独自の全く新しい学習方法です。まだ体験されていない方、一度ぜひ体験してみてください。場所は、京都のJR二条駅前です。

新二条ビル4階 カルチャールーム二条内 駅から徒歩3分
u7nYaZSAP89KbxJ1538297671_1538297754 - コピー


大学入試のセンター試験に代わるテスト、共通テストのプレテストが、11月10日(土)11日(日)に実施されました。10日(土)の国語・数学はともに記述式となり、今後の教育の方向性もかなりはっきりとしてきました。あらためて書く力の大切さがわかる、そういう内容と方向性です。現在のお子様の大学入試(入社試験)の時は、さらにプレゼンテーション能力も追加され、プログラミングも含め、保護者の方々の時代と激変する状況です。但し、書く力の大切さは変わりませんので、じっくり楽しく学んでいきましょう。  

さて、教室の12月度は、カレンダーとの誤差が最も大きくなります。(なぜなら、教室では4週間が1単位だからです。)また、通常学習である冬度(2週間)もこの12月度の後に開講します。凡事徹底という言葉がありますが、平なルーティンワーク()をしっかり(徹底)することが、力をつける一番の方法です。週1回(2回)書いて読む、これが凡事徹底の凡事なのです。

では凡事徹底の徹底はというと、それは時間をかけることです。よく受講時間について質問されますが、

1回60分の人より90分の人、週1回の人より週2回の人のほうが、伸びるスピードは早いです。つまり徹底しているわけです。人はよく要領よくを求めますが、それは凡事徹底してからのことです。スポーツや芸術などがそうですよね。

さあ、12月度は、11月19日(月)からスタートです。凡事徹底して頑張りましょう。

 

 

 教室で毎月お渡ししているお知らせからの抜粋です。凡事徹底、大切な言葉です。

 DSC_0979[1]

 書く力、読む力、国語力を伸ばす一番ベストな方法は、凡事徹底です。

 無料体験学習受付中です。


メールでのお問合せ kyotokotonoha@yahoo.co.jp  24時間受付  お勧め

電話でのお問合せ 075-811-1677(平日(火曜以外)15時以降受付:携帯電話へ転送されます。)

まず、保護者の方へ説明させていただきます!
 ことのは二条国語教室の国語学習は、板書形式の一斉授業ではありませんし、プリントによる進級式の学習形式でもありません。その指導形式は独自の方法です。その方法の説明と教材システムについてお伝えします。
DSC_1405[1]


次に、体験学習を受けてみてください。
 ことのは二条国語教室の国語学習を体験してみてください。体験学習では、教室の雰囲気(とても静かです。)やどのような文を書く教材があるかなどを体験していただきます。

 ことのは二条国語教室は個別学習形式です。ですから、曜日や時間は自由選択です。但し満席の場合はお待ち願う場合もあります。

体験学習は、プリントで行います。時間は、約1時間です。体験は、無料です。

DSC_1440[1]

京都のJR二条駅前のことのは二条国語教室(カルチャールーム二条内)の教室長の浜田です。

ブログをお読みいただきありがとうございます。

私の教室では、「書く力をつける」ということをベースに指導しています。昔から、「読み書きそろばん」といいますが、その「読み書き」は、本当は「書き読み」だと考えて指導しています。

「書き読み」つまり、「書き」があって「読み」というわけです。

国語指導というと、「読書」すれば国語力が伸びるから読書しましょう!という昔から変わっていない化石のような指導が行われています。行われているというより、そういうアドバイスです。

でも、そもそも国語を指導する人(学校の先生や塾の先生)は、読書好き、本好きという場合がとても多いのも事実です。だから、国語の先生をしている(笑)。

しかし、国語を学びたい、できるようにしたいと思っている生徒は、読書が嫌い、本が嫌い(近年のネットの発達もこれに影響しています。)なのです。

つまり、教える側と教わる側が、ほぼ真逆だという怖い現実が見えてきます。

読書を否定はしませんが、私は「楽しく書くことで国語力を伸ばす」という国語指導を、教室で行っています。

1度ぜひ体験してみてください。お待ちしています。





Hamada Kotaro讒連4繝√Λ繧キ01
ロジカルちらし
京都のJR二条駅前の新二条ビル4階カルチャールーム二条内にある国語の教室です。

学校や塾とは違う、国語を学べる独自の学習空間を提供しています。

指導するのは、テレビにも出演したプロ講師です。

しかも、個別進度の個別学習形式です。

そして、書く学習をベースにした独特の指導を行っています。

まず、体験学習を受講してみてください!

詳しくは、公式サイトをご覧ください。体験学習のお申し込みも体験学習からお気軽に。

ことのは二条国語教室公式サイト


 

DSC_1533[2]

ことのは二条国語教室は、京都のJR二条駅前にある、書く力をつける!国語教室です。

教室では書くための独自教材を開発し、指導しています。

ロジカル表現指導が全盛ですが、ロジカル表現と物語作り表現を組み合わせると、書く力(想像力・創造力・発想力・表現力など)がついてきます。

DSC_1431[1]

もちろん、ロジカル表現もじっくり優しく指導していきます。

体験学習実施中です。アクセス抜群の教室で、プロの講師がお待ちしています。

u7nYaZSAP89KbxJ1538297671_1538297754 - コピー

京都市バス二条駅前(南行)バス停前 JR二条駅東口から徒歩3分 地下鉄東西線二条駅1番出口から徒歩4分 新二条ビル4階 カルチャールーム二条内

DSC_1421[1]

ことのは二条国語教室(新二条ビル4階 カルチャールーム二条内)は、大手の集団学習塾や学校では絶対できない国語指導をしている京都の国語教室です。

u7nYaZSAP89KbxJ1538297671_1538297754 - コピー


なぜ、大手の塾や学校で絶対できないのか?それは

物理的にできない、つまり人数が講師に比べて多すぎるからです。

ことのは二条国語教室は、少人数で個別学習形式で指導しています。書く力をつけるのに最適な人数で、じっくりしっかり指導しているのです。

DSC_1444[1]

まず、体験学習を受講してみてください。「あっ他の塾とは全然違う!」という声をいただいています。そして、自慢できるのことが、

とても静かな学習空間であるということです。


もちろん、これは当たり前のことで、書いて読む作業には静かな学習空間が必要!というわけです。

だから、集中力がつきます。

DSC_0979[1]




作文教育は、現在の学校や塾では、実は意外と軽視されています。

軽視されているというより、物理的に難しいのが現状なのです。

物理的に難しいとは、学校や塾が集団学習であるが故です。

課題を与え、添削し、それを継続していくことが、集団だと難しいわけです。

ことのは二条国語教室は、個別学習形式のシステムが完成し、さらに

作文の指導システムが完成していますから、作文教育が可能です。

物語の素材を使い、物語系の作文を、ロジカル表現を使い、論説系の作文を書く力をつけていきます。

DSC_1533[2]

 ことのは二条国語教室オリジナルテキスト『物語の素材』

 教室の詳細は、 ことのは二条国語教室公式サイト をご覧ください。





ロジカルちらし

 ことのは二条国語教室は、アクセス抜群のJR二条駅前の国語の教室です。

u7nYaZSAP89KbxJ1538297671_1538297754 - コピー

新二条ビル4階のカルチャールーム二条で開講しています。

DSC_1421[1]

また、バス停の前で、降りたらすぐに教室です!(南行きバス停前)

DSC_1425[1]

アクセスは、教室に通う時、とても重要だと思います。安心して通える教室です。

DSC_1313[1]

「書く子は育つ!書く力をつける国語の教室」ことのは二条国語教室へ。お待ちしています。

このページのトップヘ