京都で国語を学ぶ!ことのは二条国語教室!

 書く力+読む力+話す力を身につける、ことのは二条国語教室のブログです。教室の場所は、JR・地下鉄二条駅から徒歩3分の駅前です。じっくりしっかり楽しく、個別進度の個別学習で国語の三つの力をつけてみませんか?体験学習は随時受け付けています。kyotokotonoha@yahoo.co.jp までお申し込み下さい。

2013年05月

修正3

Image208[1]

sample8

梅雨の季節が始まります。この梅雨の季節が実は秋の実りや特に紅葉に影響を及ぼすことはご存じだと思います。京都は盆地ですから梅雨の時期の湿気が、他の場所に比べて多く、その多さが葉に糖分を蓄積させます。従って、寺社仏閣や名所の紅葉は、素晴らしい紅葉なのです。梅雨の時期は、毎日雨が降り、じめじめして気分が落ち込む方も多いですが、植物と同様に蓄えの時期ですから、じっくりしっかり体調に注意して頑張りましょう。この梅雨の時期からスタートし、夏休みを経て、秋に一つのピークを持っていくことが、年間の学習計画としては重要です。

さて、ことのは国語教室で教材製作やチラシ製作などを担当している池田長十さんが、このほど第五回角川春樹小説賞を受賞されました。以前からの知人で、京都を代表する朗読集団の脚本家で、ミステリーを中心に執筆活動をされていたのですが、今回初受賞されたのです。とにかく多く書き、想像力をはたらかせるということを日ごろから心がけて活動されていた結果だと思います。受賞は、ことのは国語教室にとても嬉しいことでした。作品は秋に全国で出版されるそうです。

国語力をつけるには、コツコツと書く、途中であきらめない、まとめ力をつける、語彙力をつける・・・です。頑張りましょう。

 ことのは国語教室は、要約して読むということを重視した国語の教室です。小学1年から受講可能です。国語の基本を、じっくりしっかり楽しく指導しています。

130213_172431[1]

ことのは国語教室は、書く力をつける国語教室です。個別学習形式ですから、曜日や時間は自由設定です。但し、曜日によっては満席です。各時間帯の定員は10名です。
小学1年から通えます。詳しくは、075-811-1677(15時以降)まで。

5月22日現在
 17時からの時間帯(16時からの時間帯は、いずれも余裕あり)
月曜日  満席近し
火曜日  余裕あり
水曜日  満席近し
木曜日  余裕あり
金曜日  余裕あり
土曜日  余裕あり

 15時からの時間帯
土曜日  余裕あり
 16時からの時間帯
土曜日  余裕あり  
 
 19時半からの時間帯(月・土は開講していません)
火曜日  十分余裕あり
水曜日  満席近し
木曜日  十分余裕あり
金曜日  満席です!

sample8

イメージ

 ことのは国語教室は、書く力をつけるための国語専門の教室です。説話や説明文を段落別に要約し、最後に全体をまとめるというシンプルな学習を行うことで、国語力をつけるという学習指導を行っています。読書だけでは国語力はつきません!読んでまとめるという学習作業が一番効率的なのです。手間ひまがかかりますから、ご家庭や学校では敬遠されます。ですから、「読書しましょう!」のワンパターンな指導なのです。
 ことのは国語教室では、専用のプリントとテキストを使って、じっくりしっかり指導しています。一度体験学習を受けてみませんか?お待ちしています。詳しくはブログの入室手順をご覧ください。

prm131

お気軽にお電話下さい。あるいはメールでの問い合わせも可能です。
  
電話でのお問合せ 075-811-1677(15時以降受付:携帯電話へ転送されます。)
メールでのお問合せ 
kyotokotonoha@yahoo.co.jp

まず、保護者の方へ説明させていただきます!
 ことのは国語教室の国語学習は、板書形式の一斉授業ではありませんし、プリントによる進級式の学習形式でもありません。その指導形式は独自の方法です。その方法の説明と教材システムについてお伝えします。

次に、体験学習を受けてみてください。
 ことのは式国語を体験してみてください。体験学習では、教室の雰囲気(とても静かです。)やどのような文を書く教材があるかなどを体験していただきます。

ことのは国語教室は個別学習形式です。ですから、曜日や時間は自由選択です。但し満席の場合はお待ち願う場合もあります。
 
体験学習後、入室されるかどうかご検討下さい。事務手続きはそれからです

注意!曜日によっては満席です。残席情報でご確認ください。

ことのは国語教室は、書く力をつける国語教室です。個別学習形式ですから、曜日や時間は自由設定です。但し、曜日によっては満席です。各時間帯の定員は10名です。
小学1年から通えます。詳しくは、075-811-1677(15時以降)まで。

5月7日現在
 17時からの時間帯(16時からの時間帯は、いずれも余裕あり)
月曜日  満席近し
火曜日  余裕あり
水曜日  満席近し
木曜日  余裕あり
金曜日  余裕あり
土曜日  余裕あり

 15時からの時間帯
土曜日  余裕あり
 16時からの時間帯
土曜日  余裕あり  
 
 19時半からの時間帯(月・土は開講していません)
火曜日  十分余裕あり
水曜日  満席近し
木曜日  十分余裕あり
金曜日  ほぼ満席

img01

ゴールデンウィークも終わり、新緑の季節となりました。同時に、新しい学年の疲れも出て、やる気のなくなる時期でもあります。いわゆる五月病の時期です。体調を整えて、ゆっくりでいいですからじっくり学びましょう。

さて、小学生の方には、読解力に役立つ厳選された16の民話を掲載した要約用のテキストをお渡ししています。テキストと同時に、五段落要約練習のプリントも配布しています。五段落に分かれた文章を段落ごとに要約する練習は、読解力を伸ばす最高の練習方法です。その文章の中で、小学生には民話が最高の学習素材なのです。昔から日本人のなかで読み語り伝えられた民話は、とてもシンプルな構成でまとめやすく、登場人物の人間関係が非常にわかりやすいので要約練習に適しています。そして実は、高学年以上で登場する論説文の要約にも応用できるのです。なお、小学生低学年の方や国語が苦手な方には、補助プリントを用意しています。

論説文といえば、中学生の国語学習の重要課題です。中学生も小学生と同じく五段落の要約練習を徹底していきます。この五段落要約練習を行っていけば、論理的思考能力が発達し、他の科目にも好影響を与えるからです。中学生は定期テストのシーズンに入ります。論理的思考能力を身につけて、じっくり計画的に勉強していきましょう。


130213_172431[1]
 

このページのトップヘ