京都で国語を学ぶ!ことのは二条国語教室!

 書く力+読む力+話す力を身につける、ことのは二条国語教室のブログです。教室の場所は、JR・地下鉄二条駅から徒歩3分の駅前です。じっくりしっかり楽しく、個別進度の個別学習で国語の三つの力をつけてみませんか?体験学習は随時受け付けています。kyotokotonoha@yahoo.co.jp までお申し込み下さい。

2012年06月

ことのは塾20120525

 ことのは国語教室は、京都の国語専門の寺子屋です。独自の指導で、楽しくじっくり国語を学んで頂いています。そのポイントは、書く学習です。まず、徹底的に書き写し、荒っぽくてもいいので書き、表現技術を磨く!書かなければ、書けないという理念を実践しています。
 ことのは国語教室では、現在、体験学習を受け付けています。お問い合わせください。

sample8

Image402

 無料体験学習を受け付けています。お気軽にお問い合わせ下さい。

 詳しくは、ホームページをご覧ください。

  ことのは国語教室
 

 ことのは国語教室は、書く学習を重視した国語教室です。その書く学習が伸びる黄金期が、小学2年~4年なのです。この時期の子どもさんは、感受性が高く好奇心が旺盛です。ですから、この時期に、『ことのは式国語学習』を行うと、ぐんぐん伸びます。そして、自信がつくのです。
 ことのは国語教室では、7月度生を募集中です。(今回、若干の空きができました。)各学年、2名~4名募集を受け付けます。まずは、体験学習を受けて下さい。お申し込みは、075-811-1677(午後3時以降)

Image426

image02

チラシ最新版



back[1]

 ことのは国語教室は、京都二条にある国語の教室です。書く力をつける独自の国語指導を
 行っています。ことのは語り講座という名称でカルチャーセンターにおいて活動し、ことのは
 国語教室において総合的な国語を指導しています。

 ことのは国語教室  京都市中京区西ノ京西月光町6-18  JR二条駅(地下鉄二条駅)西へ徒歩5分
 
 

 日記を書く、保護者の方々も、小さい頃、苦労された思い出があるのではないでしょうか。実際、日記は三日坊主そして大の苦手という小学生(中学生も)が非常に多いです。(但し、大人もその傾向がありますが)
 では、なぜ日記が苦手なのかという原因について書きたいと思います。私は、その原因に素材の少なさがあると思います。その素材とは、体験した素材です。毎日、凄いことがいっぱい起こるのならともかく、日常はきわめて平凡です。大人でしたら、その平凡さに何かを見いだせるでしょうが、体験が乏しい子どもたちには難しいのです。
 日記よりもお勧めなのは、物語を書くことです。(続く)

Image400

 ことのは国語教室は、書く力を育てる国語の寺子屋です。なお、残席わずかです。お問い合わせ下さい。

img01

書く力やまとめる力がつけば、国語力は上がります。ことのは国語教室では、書写や聴き取り、200字作文や物語作り、要約や意見文、400字作文や800字作文などを毎回行い、いろいろな文章を書いて頂きます。「書かなければ書けない。たくさん書くと書けるようになる。」という当たり前のことを、実行しています。

 

□指導講師□

 

浜田浩太郎 

指導歴21年。大手進学塾や個別学習塾教室長を経て、国語教室を開室。元NHKカルチャー
センター講師で、現リビング京都や大阪・滋賀の大手カルチャー教室の講師。説話を使った独自の国語学習を提案。説話学習のことのは語り講座も主宰。京都産業大学日本文化研究所 元上席客員研究員

kotonoha[1]

 寺子屋をご存知ですか?寺子屋とは、江戸時代、庶民の子どもたちが学問を学んでいた場所です。学問といっても、読み書きそろばんで、この寺子屋のおかげで、日本の学習水準は非常に高かったといわれています。私たちの住む京都は、寺子屋の先進地といわれ、多くの寺子屋がありました。寺子屋というぐらいですから、お寺が多い京都では当然のことです。さて、ことのは国語教室は、その寺子屋の理念を受け継ぎ、その良さを追求していこうと思います。一人一人をじっくりと、そして楽しく、私たちの母国語である国語を教えていきます。

Image402

 体験学習は随時受け付けています。保護者の方への説明もさせて頂きます。

修正3

残席数:座席は、日々変化しています。(各定員8名~10名)

小学生 
 月曜日 残席わずか  火曜日 余裕あり     水曜日  残席わずか
 木曜日 満席近し   金曜日 満席近し     土曜日  余裕あり

中学生

 月曜日 余裕あり   火曜日 余裕あり     水曜日  残席わずか
 木曜日 余裕あり   金曜日 満席近し


 16時からの時間は、各曜日余裕があります。

 Image400

 子どもたちが書く文章には、様々な情報が隠されています。これまでの体験、獲得した知識、考え方、家族関係や友達関係・・・。逆に述べると、文章を書く力を鍛えることで、その様々な情報を伸ばすことができ、やがてそれは、人生の宝物になるのです。
 ことのは国語教室では、書く力をつけるため、様々なお題(作文の題)を使って、多くの文章を書かせています。個別学習形式の学習空間ですから、とても静かな学習空間で、国語を学んでいただきます。

Image150

 体験学習は随時受け付けていますが、曜日によっては満席です。お問い合わせください。

image02

ことのは塾20120525
ことのは塾20120525

img01

 ことのは国語教室では、小学二年生~六年生の国語が苦手な小学生を募集中です。まず、体験学習を申し込んで下さい。進学塾や個別指導塾とは全く異なる、ことのは独自の学習を体験してみて下さい。入室されるかどうかは、それからです。なお、曜日によっては満席です。

 ことのは国語教室は、書く力をつけて国語力をアップさせる教室です。受験向けといった短絡的な学習目標ではなく、人生の宝物を獲得するという目標を持って学んでもらいたいと思っています。指導の素材として、説話(むかしばなし)を扱っています。その説話(むかしばなし)を効果的に使うことで、国語力がアップする、その事実をお見せしたいと思います。

Image060

残席数:座席は、日々変化しています。(各定員8名~10名)

小学生 
 月曜日 残席わずか  火曜日 余裕あり     水曜日  残席わずか
 木曜日 満席近し   金曜日 満席近し     土曜日  余裕あり

中学生

 月曜日 余裕あり   火曜日 余裕あり     水曜日  残席わずか
 木曜日 余裕あり   金曜日 満席近し


 16時からの時間は、各曜日余裕があります。

kotonoha[1]

 ことのは国語教室では、7月度生の無料体験を優先受付にて実施中です。但し各学年3名です。お電話でお申し込み下さい。受付は、午後4時~9時です。075-811-1677

 
ことのはは、京都西ノ京と大阪枚方で、国語を指導する国語教室です。個別学習形式ですから、国語力に不安があっても大丈夫です。指導は、指導歴21年の私、浜田浩太郎です。NHKカルチャーセンター・リビング京都カルチャーセンターをはじめ、大手進学塾・個別指導塾での豊富な指導経験から、各生徒の弱点を瞬時に見抜き指導していきます。

 Image150


https://twitter.com/#!/kotonohahamada   ツイッターでも情報発信中です。

image02

修正3

ワールドカップの予選が始まります。京都でも地元の京都サンガが好調です。さて今回はサッカーと作文は似ているというお話です。サッカーはボールをつないで、一つの戦術の上で、ゴールを目指す競技です。そのボールをつなぐということが、言葉をつないで一つの文を作る作文と非常に似ています。接続詞を使わず、だらだらと書いていくのは、サッカーでいえば、一人でパスも出さない無謀なプレーです。接続詞を多用すると、流れるようなパスサッカーとなります。最期がフォワードです。ゴールを決めるというのと、作文をまとめるというのは非常に似ていると思います。ゴールゲット!作文でもゴールを決めましょう。

Image051

 作文のお題を集めたことのは国語教室のテキストに「ことのはのお題」があります。このテキストには、お題が200題以上あり、作文力を上げる強力なツールとなっています。ことのは国語教室では、同じ題で何度も書かせます。書くにしたがって少しずつ文章が洗練されてくるからです。そのお題には、例えば

 「友達と二人で舟で大海原へこぎだしました。」 という冒険作文や「私はなんと未来の自分に会いました。」というなんと作文、「どうしたら戦争がなくなると思いますか。」という問題作文、「私は一寸法師です。」という昔話主人公作文・・・

 ことのは国語教室では、夢いっぱいの作文を書く練習を通じて、国語力をアップさせるお手伝いをします。ぜひ、体験学習を受講してみて下さい。(只今、各曜日残席わずかとなっています。ご確認下さい。)

img009


 

 ことのは国語教室は、個別学習形式で国語を学ぶ教室です。大手進学塾や一般の学校準拠塾とは全く異なる寺子屋スタイルの教室で、京都全域から多くの小学生が学んでいます。とても静かな雰囲気で、集中力も高められる教室です。ぜひ体験学習を受けてみて下さい。指導講師は、私浜田浩太郎です。NHKカルチャーセンターやリビング京都カルチャーセンター、大阪守口・枚方のカルチャーセンターで講師として活動し、塾講師歴21年の指導経験があります。また、大学の研究員としても説話の研究を行ってきました。国語力をじっくり、楽しくつけるお手伝いをしたいと思います。


Image400

 説話(むかしばなし)は、想像力を育てる素材です。この想像力をつける学習こそが、説話学習の重要な役割なのです。説話の世界には、鬼や天狗、お化けや妖怪などが登場します。実際にはいないこれらのモノノケたちも、子どもたちの世界では実在するモノなのです。ですから説話(むかしばなし)を聴いて読んで書くことにより、想像力は飛躍的に発達します。それと比例するように、国語力もアップするのです。

 ことのは国語教室では、説話(むかしばなし)を使った独自の国語学習を行っています。体験学習は無料です。お気軽にお電話下さい。 075-811-1677(午後3時以降)

修正4

back[1]
 

 ことのは国語教室は、国語が嫌い、苦手な方優先です。その嫌いな、苦手な国語を、嫌いじゃないし面白いと言わせてみせます。その理由は、ことのは独自の指導スタイルにあります。昔ながらの寺子屋の雰囲気を大切にし、個別学習で学べるからです。まず、体験してみて下さい。大手進学塾やいわゆる普通の塾とは全く異なる学習空間に驚かれると思います。

 場所はJR二条駅(地下鉄二条駅)から西へ徒歩5分。わかりやすい場所です。

image02



国語は基礎さえ身に付いていれば、誰でも得意科目にすることが出来ます。その基礎を身につける方法が間違っていれば、国語が嫌いになってしまうのです。ことのは国語教室では、楽しくじっくり国語の基礎作りをしていきます。指導するのは、私浜田浩太郎です。説話を使った実践学習を中心に独自の国語学習法を行い、その国語学習は多くのカルチャーセンターで好評です。また学習の合間に話すお話も、子どもたちの間で大人気です。とりあえず、体験学習を受けてみて下さい。(但し、やる気のない方はお断りしています。)

体験学習ご希望の方は、kyotokotonoha@yahoo.co.jp まで「体験学習希望」と書いて頂ければ、こちらから
メールにて、日程をご連絡します。

kotonoha[1]






 小学2年生~4年生を若干名受け付けます。この年代は、国語学習の黄金の年代なのです。ですから、学習すればするほど、国語力がつきます。そして楽しく学べる年代でもあります。ぜひ、体験学習を受けてみて下さい。

入室手順
お気軽にお電話下さい。 075-811-1677 不在時は携帯へ流れます。お待ち下さい。
教室にて保護者の方へ説明をさせて頂きます。
体験学習を受けて頂きます。体験学習は無料です。
入室されるかどうかご検討下さい。

入室です。楽しく学習しましょう。

Image051


       

 国語の寺子屋 ことのは国語教室です。ことのはでは、書く力をつける指導を行っています。書く力をつけるノウハウを教えるといった薄っぺらいことではなく、人生の宝物になる書く力そして書く楽しみを教えています。場所は、京都の西ノ京。JR二条駅(地下鉄二条駅)から西へ徒歩5分の住宅街のなかにあります。学問の神様菅原道真公ゆかりの御前通に面しています。
 指導するのは、私浜田浩太郎です。京都や大阪のカルチャーセンターで指導し、大学の研究員も行っています。また小中学生の指導歴は、約20年のベテランです。
 体験学習を行っています。お電話で申し込み下さい。但し、曜日によっては満席です。

Image582

  六月のお知らせ 

*国語の寺子屋*                           6月4日(月)から配布

 寺子屋をご存知ですか?江戸時代、庶民の子どもは寺子屋で学問を学んでいました。学問といっても、読み書きそろばんです。この寺子屋のおかげで、日本の学習水準は非常に高かったといわれます。京都は寺子屋の先進地といわれ、多くの寺子屋がありました。寺子屋というぐらいですから、お寺が多い京都では当然のことでしょう。さて、ことのは国語教室は、その寺子屋の理念を受け継ぎ、その良さを追求していこうと思います。一人一人をじっくりと、そして楽しく国語を教えていきます。ご期待下さい。さて、現在ことのは国語教室では、書く力をつける様々な学習を行っています。特に、小学生には場面展開力練習をさせています。ベースになるのは、よく知られた昔話ですが、全く異なる物語展開を書いていただくことで、想像力や構成力をつけてもらいます。想像力や構成力をつけると、精神的に発達し成長できることが、様々な研究で実証されています。梅雨の季節ですが、体調管理を万全にして、頑張りましょう。


☆お祭りに行こう☆

 京都は祭りの町です。そして四月~六月は春祭りが行われます。先日、私も上御霊神社のお祭りをお手伝いしてきました。有名な御霊祭で、あでやかな行列や三基の神輿(みこし)がでるお祭りです。平日にもかかわらず、多くの観光客や参拝客でにぎわっていました。お祭りは、長年地域の人々が育ててきた文化です。そして、ハレの日(普通ではない特別な日)の文化なのです。だから、とてもいい体験ができると思います。体験は必ず役立ちます。ぜひ、お祭りを見に行ってみましょう。

 

具体的なお知らせ

6月度からの日程に関して※カレンダーで必ず受講回数などをご確認下さい。

 6月度:6月4日(月)~6月30日(土)

                  6月30日(土)は、講師私用のためお休みです。振り替えを行います。

 7月度:7月2日(月)~7月28日(土)

                  7月16日(月)は、祭日で授業はお休みです。振り替えを行います。

 夏期集中学習週間

      7月30日(月)~8月11日(土)  詳細は、後日お知らせします。なお、夏期集中学習期間中                      
                           は、通常学習は
ありません。
                         夏期講習は、全員参加です。

 8月度:8月20日(月)~9月1日(土)    期間は2週間ですが特別時間割となります。

                      お盆休みは、8月13日(月)~18日(土)です。


夏期講習に関して

 夏期講習は、教室での最も重要な学習と考えています。一年でじっくり学習できる唯一の期間だからです。詳しくは後日お知らせします。

  夏期講習  3つの段階で行います。 7月度     準備学習

                    集中      集中学習

費用納入に関して


月度月謝の納入期限は、6月30日(土)です。週1回型の方は納入期限にご注意下さい。

 

残席に関して

 残席数:座席は、日々変化しています。(各定員8名~10名)

  小学生 17時からの時間帯

   月曜日 残席わずか  火曜日 余裕あり     水曜日  残席わずか

 木曜日 満席近し   金曜日 満席近し     土曜日  余裕あり

  中学生 19時半からの時間帯

   月曜日 残席わずか  火曜日 余裕あり     水曜日  残席わずか

 木曜日 余裕あり   金曜日 満席近し

 

 ※16時からの時間帯は比較的空いてます。但し低学年優先です。

残席数:座席は、日々変化しています。(各定員8名~10名)

小学生 
 月曜日 残席わずか  火曜日 余裕あり     水曜日  残席わずか
 木曜日 満席近し   金曜日 満席近し     土曜日  余裕あり

中学生

 月曜日 残席わずか  火曜日 余裕あり     水曜日  残席わずか
 木曜日 余裕あり   金曜日 満席近し


 16時からの時間は、各曜日余裕があります。

kotonoha[1]

 

修正4

寺子屋をご存知ですか?江戸時代、庶民の子どもは寺子屋で学問を学んでいました。学問といっても、読み書きそろばんです。この寺子屋のおかげで、日本の学習水準は非常に高かったといわれます。京都は寺子屋の先進地といわれ、多くの寺子屋がありました。寺子屋というぐらいですから、お寺が多い京都では当然のことでしょう。さて、ことのは国語教室は、その寺子屋の理念を受け継ぎ、その良さを追求していこうと思います。一人一人をじっくりと、そして楽しく国語を教えていきます。ご期待下さい。さて、現在ことのは国語教室では、書く力をつける様々な学習を行っています。特に、小学生には場面展開力練習をさせています。ベースになるのは、よく知られた昔話ですが、全く異なる物語展開を書いていただくことで、想像力や構成力をつけてもらいます。想像力や構成力をつけると、精神的に発達し成長できることが、様々な研究で実証されています。


体験学習受付中です。残席あとわずかです。お待ちしています。受付は、平日15時以降です。

Image003
 

 ブログのデザインつまり背景画像を変更しました。説話(むかしばなし)をテーマにイラストレーターの方に書いて頂きました。ご覧ください。   ことのは語り講座・国語教室では、体験学習を受付中です。

 昔話というと、テレビ番組の昔話つまり「坊や良い子だねんねしな・・・♪♪」という日本むかしばなしか、幼稚園の絵本読み聞かせが思い浮かぶ場合が多いのではないでしょうか。しかし、昔話は、テレビ番組や絵本だけに使う以外に、実は素晴らしい教育素材なのです。それは、書く力をつけるための素材ということです。もともと人から人へ語り伝えられてきた昔話つまり説話は、想像力をつけるには最適なものでした。しかし、映像化などが進んだ結果、その役割は薄れてきたと思います。しかし、こんな素晴らしい素材、つまり先人たちから伝えられた素材を放っておくのはもったいないということで、独自の指導法で教室で活用することにしたのです。
 京都は、多くの説話(むかしばなし)の舞台です。まず、説話(むかしばなし)を実践的に活用する指導を京都から発信していこうと思います。

 ことのは国語教室は、上記の理念のもと、書く力をつける指導をしています。体験学習は無料です。但し、今年度は受講希望者が多いため、曜日によっては満席です。

 ことのは塾20120525  受付は午後4時以降です。お気軽に。

このページのトップヘ